お金を借りたら利息が発生するというのが一般的な常識ですが、世の中には30日無金利のキャッシングサービスというのも存在します。

借りたお金を返済するだけでも大変なのに、さらに利息を上乗せして返済することを考えると、キャッシングサービスの利用をためらってしまいますよね。

もし金利が発生しないのであれば、キャッシングサービスを利用したいという人は少なくないでしょう。

そこで、今回は無金利キャッシングについて紹介します。

無金利キャッシングの仕組み

キャッシング会社は慈善事業ではないので、お金を貸すことによって利益を上げなければいけません。

そう考えると無金利キャッシングはおかしいのではないかと疑問に思うかもしれませんが、きちんと損をしないように工夫していますので安心してください。

キャッシング会社としてはまずは無利息でお金を借りてもらうことによって、サービスの便利さや安心感をアピールすることができるのです。

基本的に一度だけ利用できる無金利キャッシング

無利息キャッシングを利用した利用者の内、一定数は利息を支払ってでもキャッシングサービスを利用したいと考えるようになります。

キャッシング会社によって違いは様々ですが、多くの場合には初回利用者を対象として無利息キャッシングを提供しています。

例えば初回利用者は30日間は無利息でお金を借りられるといったパターンが多いです。

中には金額が低めに設定されている代わりに180日間は無利息という会社もあります。

すべてのキャッシング会社が、無利息キャッシングを提供しているわけではありませんので、もしお金を借りようと考えているのであれば、無利息サービスを利用できる会社を選ぶのがお得です。

無金利キャッシングを利用するときの注意

当然の話ですが、無利息キャッシングでお金を借りても、期間内に返済をしなければ利息が発生してしまいます。

多くのキャッシング会社では、無利息期間を過ぎてしまった場合の金利は高めに設定されていますので、きちんと返済計画を立てるようにしてください。

無利息期間を利用して賢くキャッシング

キャッシングは、銀行系が扱っているものと消費者金融が扱っているものの大きく2つに分けられます。

一般的に、銀行系のものの方が低金利で、できるだけお得に借りたいという場合には銀行系のカードローンが選ばれやすいです。
しかし、消費者金融を利用するのが損というのも誤りです。消費者金融は銀行系に比べてサービスが充実していることが多く、便利に借り入れ・返済が行なえます。

消費者金融系のカードローンにあるサービスの中で特に注目したいのが「無利息期間」です。

無利息期間はその名の通り、一定期間内であれば利息なしで借り入れができるというものです。

無利息期間は初回利用者のみが対象で、期間は30日程度という設定のカードローンが多いです。

無利息期間内に返済を終えてしまえば、利息は一切かかりません。

給料日やボーナスなどですぐ返済できるという目処が立っているのであれば、銀行のカードローンを利用するよりも支払う利息は少なくて済みます。

無利息期間内に完全に返済が終わらなくても、最初の30日分の利息が0になることには変わりないため、短期間の借り入れであれば低金利のローンを利用するよりも返済額が少なくなりやすいです。

例えば、20万円を30日間、金利18%で借りた場合を考えてみましょう。

通常であれば、30日間借りた場合の利息は以下のようになります。
20万円×18%÷365×30日=約2958円
無利息期間が適用された場合、この2958円の利息分まるまるお得になります。

借入期間が40日間と無利息期間を超えてしまった場合についても考えてみましょう。

通常なら、利息以下のようになります。
20万円×18%÷365×40日=約3945円

無利息期間があった場合、利息の支払いが必要になるのは30日を超えた10日分だけになります。
20万円×18%÷365×10日=約986円

また、銀行カードローンの金利が14.5%とし、同様に20万円を40日間借りたケースを考えてみます。
20万円×14.5%÷365×40日=約3178円
無利息期間を多少過ぎた程度であれば、銀行カードローンを利用するよりも無利息期間のある消費者金融のカードローンを利用した方がお得だということがわかります。

ただし、借入期間が長期間になった場合や、金額が大きい場合は金利の低い銀行カードローンの方が返済金額を抑えることができます。用途や金額にあわせて使い分けることが大切です。

無利息期間のあるカードローンの例

無利息期間のあるカードローンの例として、今回はアコム、アイフル、プロミスの3社の無利息サービスについて紹介します。

・アコム
金利:3.0~18.0%
無利息期間:30日間
無利息期間条件:初回契約、返済期日を35日ごとに設定

アコムの無利息期間はアコムを初めて利用する人が対象です。アコムの返済期日は毎月同じ日にするか、35日ごとにするかを選ぶことができますが、無利息サービスを利用するためには35日ごとに設定する必要があります。毎月違う日が返済日になるため、返済日を忘れないように気をつける必要があります。
また、無利息期間が契約日翌日から始まることにも注意が必要です。たとえ借り入れを行なわなくても契約するとすぐに無利息期間が開始してしまいます。

・アイフル
金利:4.5~18.0%
無利息期間:30日
無利息期間条件:初回契約時

アイフルの無利息サービスは、アイフルの無担保キャッシングローンを初めて契約する人が対象です。無担保キャッシングローンというのはいわゆる普通のカードローンのことで、おまとめローンや借り換えローンは対象外です。
アイフルの無利息サービスとアコムと同じく初回契約日の翌日からスタートします。無利息期間を最大限活用したい人は利用の直前に申し込みをしましょう。

・プロミス
金利:4.5~17.8%
無利息期間:30日
無利息期間条件:初回契約時、メールアドレスとweb明細の利用登録。またはポイントの利用

プロミスの無利息期間は初回契約日翌日からではなく、初回利用日から始まるため無利息期間を無駄にする心配がないのが特徴です。
また、プロミスの利用やメール受信などによって溜めたポイントを消費して無利息サービスを受けることも可能です。ポイントによる無利息サービスは初回利用時の無利息サービスを利用した人でも使えます。

無利息キャッシング体験談

26歳のフリーターです。以前は会社員でした。私は3年前、仕事中に怪我をして三ヶ月ほど仕事を休まなければならなくなりました。その怪我は自分に大きく過失があったため、ボーナスや給与の査定の評価にかなり響いてしまいました。

最初は貯金を切り崩して生活していたのですが、元々貯金額もそこまで無かったのですぐに貯金がそこを付く寸前になってしまいました。しかしそんな状態ををパートで支えてくれたのが妻でした。大学卒業と同時に結婚を決めたので、 お金のない僕はまだ指輪すらプレゼントをしていませんでした。

徐々にではありましたが、会社の信頼を取り戻し、少しずつ経済面も潤ってきて、これからは貯蓄ができそうです。

しかし、その前にどうしても妻の誕生日に高価な指輪を買ってやりたくなりまして、それを買うだけのお金はさすがに無くキャッシングを利用する事にしました。でも、自分の少ない給料ではキャッシングの審査は通らないだろうと諦めていたのですが、申し込んだその日にキャッシング会社から返事が来て、無事借りる事が出来ました。

しかし申し込みはすごく手間がいり、自分の家が貸賃かとか持ち家かとかとにかく細かいところまで書かなくてはならず少々めんどく、借りられた額も期待していたほどはありませんでした。やはりこういったことは事前の計画が大切だと痛感した体験です。